[東京 8日 ロイター] - 三菱重工業傘下の三菱航空機は8日、開発を凍結したジェット旅客機「スペースジェット」について、航空機リースの米エアロリースと締結していた受注契約を解消したと発表した。開発再開のめどがついた時点で、改めて再契約の交渉をすることで昨年末に合意した。

三菱重は2016年8月、エアロリースからMRJ(現スペースジェットM90)を受注。確定分は10機、オプションが10機だった。

スペースジェットは開発が遅れ、初号機の納入がたびたび延期された。20年10月には新型コロナウイルスの感染拡大により顧客である航空会社の業績が悪化し、受注は当面見込めないとして開発の凍結を発表した。

(田中志保 編集:久保信博)