[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した2020年11月のユーロ圏失業率は8.3%で10月の8.4%から予想外に低下した。ただ若年層の雇用情勢は悪化しており、新型コロナウイルス感染防止のための規制が再導入されたことから、改善は一時的な可能性がある。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は8.5%。2019年11月は7.4%だった。

失業者数は前月から17万2000人減少。前年同月比では142万5000人増加した。

25歳以下の失業率は18.4%で、10月の18.0%から上昇した。