[東京 14日 ロイター] - ファーストリテイリングの岡崎健・グループ上席執行役員CFO(最高財務責任者)は14日の決算会見で、通期計画を据え置いたことについて、新型コロナウイルスの先行きを見通すことが難しいためと説明した。上期の業績は計画を上回る進捗を見せているが、新型コロナの影響が不透明であるため、通期では大きく変動する可能性があるという。

(清水律子)