[パリ 14日 ロイター] - 日産自動車の内田誠社長は14日、収益性の高いモデルに焦点を当てる仏ルノーの戦略見直しについて、両社のアライアンス強化につながる力強い計画と指摘した。

内田氏はルノーのオンラインプレゼンテーションで、日産とルノーの事業計画は補完的かつ協調的で、アライアンスが生み出す機会に自信を持っていると述べた。

その上でこの先、非常に厳しい事業環境に直面する準備を整えておく必要があると語った。