[東京 18日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比280円50銭安の2万8238円68銭となり、続落した。指数寄与度の高いファーストリテイリングやソフトバンクグループ、東京エレクトロンなどが軟調なほか、幅広い業種で売りが先行。東証33業種中、電気・ガス業、精密機器、医薬品以外の30業種が値下がりし、海運業、鉱業、鉄鋼が値下がり上位に入っている。