[東京 22日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した1月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比4.9%減の8150億円と、11カ月連続のマイナスになった。

1月は、11都府県を対象とした緊急事態宣言を受けて在宅勤務や外出自粛の動きが強まり、来店客数が同13.2%の大幅減となったことが売上高の落ち込みにつながった。一方で、生鮮食品や惣菜、調理麺、冷凍食品、デザート、酒類などの売れ行きは好調で、客単価は同9.6%上昇した。