[ロンドン 23日 ロイター] - 世界最大の資産運用会社ブラックロックは、新型コロナウイルスワクチンの普及に加え、今年の米国の財政支出が最大2兆8000億ドルに達する可能性を考慮し、国債に対するスタンスを引き下げ、株式を選好する姿勢を示した。

週間リポートの中で、米国債の「アンダーウエート」の度合いを増やしていると指摘した。米国債は投資家による売りが継続する中、利回りが1年ぶりの水準に上昇している。

欧州株は「ニュートラル」に引き上げ、他の地域市場との評価差が縮まる余地があると指摘。クレジットおよびユーロ圏周辺国債は「ニュートラル」に引き下げた。

その他、英国株は欧州連合(EU)離脱を受け「オーバーウエート」、米国株および新興市場株は「オーバーウエート」、日本株は「アンダーウエート」とした。

リポートでは、市場が大幅に変動しても、成長拡大テーマやインフレ高進に対する名目債券利回りの限定的な反応は継続する見通しと表明。「このことはわれわれの戦術的なリスク選好スタンスを支持するものであり、主要リスクは、市場の想定を上回るような経済再開に伴い長期利回りがさらに上昇することである」と述べた。また、ボラティリティーの増大に拍車がかかる可能性もあるとの見方を示した。