[ロンドン 3日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国でつくる「OPECプラス」は、現在の減産規模を4月に繰り越すことを検討している。関係者3人が明らかにした。

3月の会合は4日開催される。

市場では、4月から日量50万バレル程度の減産縮小が広く予想されていた。サウジアラビアも日量100万バレルの自主減産を終了するとみられていた。

しかし関係者3人は3日、一部の主要OPEC加盟国が、4月のOPECプラスの産油量据え置きを示唆したと述べた。サウジが3月に自主減産を止めるのか、継続するのかは不明だという。

原油価格はこの報道を受けて約1ドル高の1バレル=64ドル付近まで上昇した。