[22日 ロイター] - 北京字節跳動科技(バイトダンス)は22日、傘下のビデオゲーム部門「Nuverse」が、ゲーム開発会社、上海沐瞳科技の買収で合意したと明らかにした。関係筋がロイターに語ったところでは、買収額は40億ドル程度という。

短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を傘下に置くバイトダンスは、ビデオゲーム事業に力を入れ、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)と対抗しようとしている。

声明は買収額には触れず「上海沐瞳科技は、チーム横断的協力や独自の急速な成長などを通じてNuverseのグローバルなゲーム事業展開加速に必要な戦略的支えとなる」としている。

関係筋によると、上海沐瞳科技の最高経営責任者(CEO)は内部文書で、同社は買収された後も独立して業務を継続すると説明したという。

上海沐瞳科技は元テンセントの社員が創設。多人数参加型リアルタイムオンラインバトルゲーム「モバイル・レジェンド」が東南アジアで人気を博している。

関係筋によると、テンセントも上海沐瞳科技に買収を提案していたという。テンセントは、ロイターに対し、市場の憶測にはコメントしないと述べた。