[3日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した3月の小売売上高指数は、前年比11%上昇で新型コロナウイルスのパンデミック開始以降で最大の伸びを記録した。ロックダウンが一部緩和され、衣料品や靴の購入が増えた。

市場予想は0.3%低下。2月改定値は6.6%低下だった。

3月は繊維・衣料・靴・皮革製品の販売が前年比27.7%増加した。

百貨店の売上高は前年比23%増、ネット販売は同42.9%増加した。

小売売上高指数は前月比7.7%上昇。市場予想は3.0%上昇だった。