[4日 ロイター] - 米ファイザーは4日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、2021年の売上高は260億ドルに達するとし、従来予想を70%以上引き上げた。

ファイザーはこれまでに年内納入契約を結んた16億回分のワクチンに基づき売上高を試算。新型コロナワクチンの売上高は通年の全売上高の3分の1以上を占めるとみられる。ブーラ最高経営責任者(CEO)は「新型コロナワクチンに対する需要は、インフルエンザワクチンと同様に強いものになると確信している」と述べた。

ファイザーとビオンテックは新型コロナワクチンの費用と利益を折半。両社は新型コロナワクチンの今年の生産量は最大25億回分になるとの見通しを示しているが、このうち9億回分はファイザーが今回示した売上高見通しに含まれていない。

22年は少なくとも30億回分の新型コロナワクチン生産を目指す。

ファイザー・ビオンテックと同様に「メッセンジャーRNA(mRNA)」技術を使う新型コロナワクチンを開発した米モデルナは、同ワクチンの21年の売上高は184億ドルになるとの見通しを示している。

ファイザーの第1・四半期決算は、総売上高が146億ドルと、予想の135億ドルを上回った。

ファイザーは現在、mRNA技術を使ったインフルエンザワクチン2種類を開発中。第3・四半期に臨床試験(治験)を開始する見通し。