[東京 10日 ロイター] - 日本郵政の連結子会社である日本郵便とSGホールディングス傘下の佐川急便は10日、持続可能な物流インフラ・サービスについて基本合意書を締結したと発表した。

相互の経営資源を活用し、国内外輸送サービスの提供やインフラ構築などを行う。今後、個別事案の詳細を決定した上で、最終的な合意内容を決めた契約を締結する。