[東京 22日 ロイター] - 新生銀行は22日、17日に決定した買収防衛策の導入に伴い、22日付で新株予約権の無償割り当てに係る発行登録を行ったと発表した。

発行予定額は、全ての新株予約権が行使された場合、2億2000万円。発行予定期間は10月1日から2022年9月30日まで。

新生新は17日の取締役会で、SBIホールディングスが進める同行への株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策の導入を決議した。買収防衛策は既存株主に新株予約権を無償で割り当て、同行が予約権を強制取得する際に、一般株主には普通株を、大量買い付け者であるSBIには一定の行使制限が付いた新株予約権を交付するもので、SBIの株式保有比率は相対的に低下する。