[7日 ロイター] - 米IBMは7日、米国内の全従業員数万人に対し12月8日までの新型コロナウイルスワクチンの接種完了を義務化すると発表した。接種しなければ無給の停職処分が科されるという。

IBMはこれまで米国ではワクチン接種完了者のみのオフィス復帰を認めていた。新たな方針は在宅勤務者も含め全従業員に適用されるが、医学的・宗教的な理由により適用除外を申請することも可能という。