[東京 22日 ロイター] - ミクシィは22日、サッカーJリーグに属するFC東京を運営する東京フットボールクラブ(東京都調布市)を子会社化すると発表した。

東京フットが実施する第三者割当増資を11.5億円で引き受け、議決権の51%を獲得する。FC東京は新型コロナウイルスで無観客での試合開催が増え、入場料収入が大幅に減少していたという。

今月25日に開かれるJリーグ理事会で承認を得た後、12月10日に東京フットが臨時株主総会を開催。承認を得て正式決定となる。株式引受実行日は2022年2月1日。

ミクシィは19年にもバスケットボールBリーグ所属の千葉ジェッツふなばしをグループ化するなど、プロスポーツチームの経営にも取り組んでいる。