[8日 ロイター] - 米連邦第9巡回区控訴裁判所(高裁)は8日、人気ゲーム「フォートナイト」の開発企業エピック・ゲームズが米アップルに対して起こした反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟の控訴審継続中は、一審がアップルに命じたアプリ配信サービス「アップストア」の課金規約変更を猶予することを認めた。

9月の一審判決で、アップルはアプリ開発者がリンクなどで利用者をアップル以外の決済手段に誘導するのを禁じる規約の修正を命令された。この期限が米西部時間の9日に迫っていたが、高裁はその直前にアップルが求めていた同命令の執行停止に同意した。

高裁は「アップルは少なくとも控訴内容の中で、一審判決の妥当性に重大な疑問が生じていることは証明している」と説明した。

一審はアップルが反トラスト法には違反していないものの、カリフォルニア州の不公正競争防止法に抵触するとの見解を示していた。