[30日 ロイター] - 中国当局は、ウクライナ侵攻を受けた対ロシア制裁のような米国主導の制裁から国外の資産を守る方法について国内および外国の銀行と協議する緊急会合を4月22日に開催した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が関係者の話として伝えた。

会合には中国人民銀行(中央銀行)、財政省、国内外の銀行の幹部らが参加したとしている。