[東京 2日 ロイター] - 自動車販売の業界団体が2日発表した4月の国内新車販売台数は、前年同月比14.3%減の29万9620台と10カ月連続で減少した。長引く世界的な半導体不足のほか、新型コロナウイルス感染拡大による影響、特に中国におけるロックダウン(都市封鎖)で部品供給に遅れが生じており、各社の減産が続いていることが響いた。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2日に発表した数値をロイターがまとめた。

登録車は15.0%減の17万8761台と8カ月連続で前年を下回った。軽自動車は13.4%減の12万0859台と11カ月連続で前年を割り込んだ。

乗用車メーカー8社の登録車をブランド別でみると、日産自動車は10.6%増、SUBARUが6.2%増となるなど3社が前年を上回った。一方、トヨタ自動車は15.9%減だったほか、トヨタの高級車ブランド、レクサスは約3割落ち込んだ。ホンダも28.3%減となった。

軽自動車では同8社全てが前年同月実績を割り込んだ。スズキは17.1%減、ダイハツ工業は7.0%減だった。

4月は、ホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で計画から約5割、埼玉製作所(埼玉県寄居町)で約3割の減産を実施。スズキや三菱自動車なども減産に追い込まれた。

マツダは4月に続き5月も、部品調達に支障が出る恐れがあるとして国内工場の一時操業停止をすでに公表している。