[ワシントン 2日 ロイター] - バイデン米大統領が指名した米連邦準備理事会(FRB)幹部候補者および連邦取引委員会(FTC)委員候補者を巡る上院での2週目の審議が遅れるもようだ。民主党議員で新型コロナウイルスの感染が広がっているためという。

民主党のマイケル・ベネット上院議員(コロラド州選出)は1日、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たとツイッターに投稿。「風邪のような軽度な症状」があり、隔離期間中は自宅から業務に当たるという。

こうした中、パウエルFRB議長の再任やデビッドソン大学のジェファーソン教授およびミシガン州立大学のリサ・クック経済学教授の理事指名、プライバシー保護の専門家、アルバロ・ベドヤ氏のFTC委員への指名が遅れる可能性が懸念されている。