[上海 10日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラは10日、上海工場の生産ラインを一部稼働させる。ロイターが入手した内部メモで判明した。この日の生産台数は200台未満の見通し。残りの生産ラインは停止する。

上海市では、新型コロナウイルスの感染を封じ込めるためのロックダウン(都市封鎖)が敷かれている。複数の関係筋によると、テスラの上海工場は9日、供給問題を理由に生産を停止していた。

テスラは来週までにロックダウン前の水準に生産を回復させ、1日当たりの生産台数を2000台以上に引き上げることを目指している。

ロイターはテスラにコメントを要請したが、現時点で返答はない。