[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米財務省が16日発表した3月の対米証券投資統計によると、日本の米国債保有が2年以上ぶりの低水準に落ち込んだ。対ドルで円安が急激に進んだことから、日本の投資家の間で年度末に向けて米国資産を売却して利益を確定する動きが広がった。

日本の米国債保有は740億ドル減の1兆2320億ドルと、2020年1月以来の低水準。ただ、海外勢の保有額で首位を維持した。

円は3月に対ドルで5.5%下落した。

海外投資家の米国債保有は7兆6130億ドルと、前月の7兆7100億ドルから減少し、昨年9月以来の低水準となった。

2位の中国も18年12月以来の低水準となる1兆0390億ドルに保有が減少した。

米国債への海外からの純流入額は487億9500万ドルで、753億3000万ドルから減少した。純流入は5カ月連続。

米社債への流入額は203億ドルから333億8000万ドルに増加し、21年3月以来の高水準を記録した。

一方、米国株は943億3800万ドルの流出で、流出額は少なくとも1978年1月の統計開始以来最大となった。