[ダボス(スイス) 23日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は23日、世界の主要国が景気後退(リセッション)に陥るとは予測していないとしながらも、その可能性を排除することはできないと述べた。

ゲオルギエワ専務理事は「ダボス会議」で、リセッションを予測しているかとの質問に対し、「現時点では予測していない。ただその可能性がないわけではない」と述べた。

IMFは4月19日に公表した世界経済見通しで、ロシアのウクライナ侵攻などを背景に、2022年の世界経済の成長率予測を1月時点の予測から0.8%ポイント下方修正し、3.6%とした。

ゲオルギエワ専務理事は、ウクライナにおける戦争のほか、中国経済の減速や世界的な物価に対する衝撃などで、世界的な景気見通しはその後の1カ月で悪化したと指摘。「短期間で見通しは暗くなった」と語った。