[16日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀が16日発表した6月の連銀業況指数はマイナス3.3と、前月のプラス2.6から低下した。低下は3カ月連続で、マイナス圏に陥るのは2020年5月以来初めて。新規受注が2年ぶり低水準に落ち込んだことなどで、ロイターがまとめたエコノミスト予想中央値のプラス5.5を大きく下回った。

新規受注指数はマイナス12.4と、前月のプラス22.1から急落。

業況6カ月予測はマイナス6.8と、前月のプラス2.5から低下し、08年2月以来の低水準を付けた。

一方、支払い価格指数はプラス64.5と、前月のプラス78.9から低下。21年2月以来の水準に低下し、物価上昇が緩和している兆候が示された。

また、設備投資の6カ月予測は11.7と、前月の9.6から上昇した。

連邦準備理事会(FRB)は14─15日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で75ベーシスポイント(bp)の利上げを決定。

FWDBONDSのチーフエコノミスト、クリストファー・ラプキー氏は「米経済がハードランディングするリスクは急速に高まっている」と指摘。「FRBが突然、積極的に金融を引き締めたことでリセッション(景気後退)が引き起こされたと、近い将来に批判される可能性がある」と述べた。