[ルクセンブルク 16日 ロイター] - ユーロ圏財務相は16日、高インフレ、成長鈍化などに見舞われる中、欧州中央銀行(ECB)による新たな債務危機リスクとの闘いを支援するため、各国に財政規律への回帰を求めた。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)に出席したECBのラガルド総裁は、ECBが域内国債利回り格差の抑制策を検討する根拠を説明したが、導入の時期や方法に関して細部には踏み込まなかった。関係筋が明らかにした。

ドイツのリントナー財務相は会合前、記者団に対し「全ての加盟国が健全な財政に回帰する必要があり、赤字を減らし、債務削減に向け確実な道筋をつける必要がある」と述べた。

記者団の取材に応じたオーストリアのブルンナー財務相も健全な財政を各国に呼びかけ、そうすればECBが分断(フラグメンテーション)リスクとより効果的に闘えるようになると指摘した。