[フランクフルト 20日 ロイター」 - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は20日、ユーロ圏各国の借入コストのスプレッド拡大に対処しつつ、今夏に政策金利を2回引き上げる計画を再確認した。欧州議会の経済金融委員会での発言。

同総裁は7月の理事会で政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げる方針を明言。9月に再利上げするとの見通しも示し、「これらの決定は、インフレが中期的に2%の目標で安定するよう、必要であれば柔軟な対応を行いながら、権限の範囲内ですべての手段を調整するというこれまでの公約を裏付けるものだ」と述べた。

また物価上昇については、より広範なセクターに広がりつつあり、基礎的なインフレ指標はさらに上昇したとも指摘。域内の景気は、エネルギー価格の急騰や供給問題の悪化、不確実性の増大により低迷しているとした。