[ニューヨーク 22日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが軟化した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受け、米経済がリセッション(景気後退)入りする可能性を懸念して米国債の利回りが低下した。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は22日、上院銀行委員会の公聴会で、インフレ抑制に「強くコミット」しており、景気後退リスクがあっても物価抑制に全力を傾けているとした。

BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジング・ディレクター、キャシー・リエン氏は「FRBの方針は他の中銀がより大きく動く可能性を高めており、ユーロ高やカナダドル高を招いている」と指摘。「ドル安は米国債の利回りと歩調を合わせて動いているためだと考えている」と述べた。

またリエン氏は、「パウエル議長は、日本円に対して一段のドル高を容認している」とも述べた。

ドル指数は0.31%下落。ユーロは0.47%上昇の1.0574ドル。円は0.36%高の1ドル=136.14円、ポンドは0.04%安の1.2267ドルとなった。

英国立統計局(ONS)が22日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比9.1%上昇。1982年3月以来40年ぶりの高い伸びとなり、主要7カ国(G7)で最高となった。

英ポンドは一時、約1%下落して1週間ぶりの安値となる1.2162ドルを付けたが、その後下げの大部分を取り返した。

カナダドルも対米ドルで一段と上昇した。

ドル/円 NY終値 136.26/136.29

始値 136.10

高値 136.30

安値 135.70

ユーロ/ドル NY終値 1.0565/1.0568

始値 1.0519

高値 1.0605

安値 1.0511