■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 135.35/37 1.0506/10 142.21/25

NY午後5時 136.26/29 1.0565/68 143.94/98

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の135円前半。米景気後退懸念を背景に持ち高調整のドル売り/円買いが優勢。また、原油先物価格の下落を受けて、資源国通貨安/円高となったことも、ドル/円の下押し圧力となった。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 26171.25 +21.70 26134.89 26,039.57─26,401.97

TOPIX 1851.74 -0.91 1850.21 1,846.39─1,867.65

東証出来高(万株) 108229 東証売買代金(億円) 26528.25

東京株式市場で日経平均は、前営業日比21円70銭高の2万6171円25銭と、小幅に反発して取引を終えた。目新しい材料に乏しく、個別物色を中心とした相場展開が続き、1日を通して方向感のない値動きとなった。

プライム市場の騰落数は、値上がり1100銘柄(59%)に対し、値下がりが668銘柄(36%)、変わらずが70銘柄(3%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.047

ユーロ円金先(22年9月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.047%になった。前営業日(マイナス0.047%)から横ばい。「地合いは前日から変わらず、取り手の調達意欲は弱め」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年9月限 148.38 (+0.52)

安値─高値 147.96─148.38

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.230% (-0.005)

安値─高値 0.235─0.225%

国債先物中心限月9月限は前営業日比52銭高の148円38銭と大幅反発して取引を終えた。海外取引時間の堅調地合いが継続した。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.230%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.19─0.09

3年物 0.24─0.14

4年物 0.28─0.18

5年物 0.31─0.21

7年物 0.42─0.32

10年物 0.56─0.46