[上海 24日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は24日、期間7日のリバースレポで600億元(89億6000万ドル)を供給した。上半期末に向けて現金需要が高まりつつある状況を受けた。

人民銀は「半期末の流動性を安定的に」維持する目的があるとした。過去50日間の公開市場操作で毎日100億元を供給していたが、供給額を増やした。

公式データに基づくロイターの算出によると、今週全体では差し引きで500億元の資金を供給した。