[モスクワ 28日 ロイター] - ロシアの通貨ルーブルが28日のモスクワ市場での取引で、一時1ドル=51.6025ルーブルと2015年5月以来約7年ぶりの高値を付けた。ロシアの外貨建て国債がデフォルト(債務不履行)に認定されたマイナスの影響を資本規制と月末の税支払いに関する資金フローが相殺している。

ルーブルは対ユーロでも一時54.40ルーブルと、2015年4月以来の高値を付けた。

ズベルバンクCIBはメモで、ロシア当局者の最近のコメントはルーブルが強くなりすぎていることを示唆しており、これを受けて市場関係者は「ハードカレンシーを購入する上で現値水準が魅力的だと感じている」とした。