[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツ連邦雇用庁が30日発表した6月の失業者数(季節調整後)は、前月比13万3000人増の241万7000人だった。職を探すウクライナからの避難者が雇用庁に登録したことが増加の要因とみられる。

ロイター調査では、アナリストは6000人減を予想していた。

失業率(季節調整後)は5.3%に上昇した。

シーレ雇用庁長官は「労働市場は全般に引き続き安定している」と主張。失業者数が6月に大幅に増加したことについては「ウクライナから避難してきた人々が職業センターに登録され、労働市場に関する統計に反映されるようになったからだ」と説明した。

ショルツ首相は先月末、80万人近いウクライナ避難者がドイツで登録されていると述べている。実際の数はずっと多いとみられている。