[北京 1日 ロイター] - 財新/マークイットが1日発表した6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.7と前月の48.1から上昇し、1年1カ月ぶりの高水準となった。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が解除され生産が大きく回復したことが背景。

景況改善・悪化の分岐点となる50を4カ月ぶりに上回った。市場予想は50.1だった。

生産指数は2020年11月以来の高水準を回復。新規受注指数は約1年ぶりの輸出受注増加に支援され4カ月ぶりの高水準となった。

サプライチェーン(供給網)の制約が緩和し納期が6月に安定した。

ただ、採用にはなお慎重で雇用指数は3カ月連続で50を下回った。

財新智庫のシニアエコノミスト、王哲氏は「コロナ後の回復が引き続き経済のテーマだが、その基盤は強固とは言えない」と指摘。労働市場の弱さを背景にした家計の所得減少と期待低下が需要回復を弱めているとし、感染拡大で影響を受けた労働者や低所得層などを対象とした政策支援が必要との見方を示した。