[ワシントン 5日 ロイター] - 米上院情報特別委員会のワーナー委員長(民主党)と共和党トップのルビオ議員は5日、中国系動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)と親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米利用者データの扱いを巡り「虚偽の説明を繰り返している」として、連邦取引委員会(FTC)に調査を求めた。

ティックトックが中国にいる技術者や経営幹部に米利用者の個人情報へのアクセスを繰り返し認めたとするバズフィードの報道を受けた。両議員はこれについて、データが保護されているという会社側の主張に疑問が生じるとした。

ティックトックは5日、情報へのアクセスは「一連の厳格な管理や一部データの暗号化といった予防措置、米国のリーダーシップ/セキュリティーチームが管理する許可手続きの対象になっている」と説明した。

また「米利用者データを中国政府と共有したことは一度もなく、要請があっても共有しない」と述べた。

ティックトックは先週、「利用者データと米国の国家安全保障上の利益を完全に保護」する最終的な合意についてバイデン政権と協議中だと米上院議員らに述べていた。