[モスクワ 8日 ロイター] - モスクワ取引所は8日、取引の担保として受け入れるドルの上限を引き下げると発表した。ロシアに制裁を科している国の通貨への依存度を低下させることが狙い。

15日から担保に占めるドルの比率を50%から25%に引き下げる。

ロシア当局は、ドルや「非友好的」な国の通貨を個人や法人が保有することに懸念を示し、代替通貨や資産に変えるよう呼びかけている。