[9日 ロイター] - 米ゲーム用ソフトウエア会社アップラビンは9日、同業ユニティ・ソフトウエアを175億4000万ドルで買収する案を提示した。

提案では、アップラビンはユニティ株を1株当たり58.85ドルで買い取る。これはユニティ株の8日終値に18%を上乗せした水準。ユニティは統合後の会社の発行済み株式の55%、議決権の約49%を保有することになる。

一方、ユニティは先月、同業アイアンソースを44億ドルで買収すると発表した。だが、アップラビンが提示した買収案をユニティが受け入れるならば、ユニティはアイアンソース買収を断念しなければならない。

ユニティはアップラビンの提案を検討すると表明した。

ユニティのソフトウエアは「コール オブ デューティ:モバイル」や「ポケモン GO」といったゲームに使われている。