[9日 ロイター] - 米製薬会社シガ・テクノロジーズは9日、米政府からサル痘治療用に抗ウイルス薬「ティーポックス(Tpoxx)」の静脈注射版260万ドル相当を受注したと発表した。来年までに納入する計画という。

従来の経口タイプのティーポックスでは、発症して口内に発疹や水ぶくれができた患者には飲み込むのが難しい欠点があった。

ティーポックスは経口、静脈注射とも天然痘治療用に米食品医薬品局(FDA)が承認。ただ、米疾病対策センター(CDC)はいずれもサル痘に試験研究薬として「拡大使用」できるとの指針を示している。