■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 133.25/27 1.0295/99 137.20/24

NY午後5時 133.00/03 1.0317/20 137.27/31

ドル/円は、株高や米連邦準備理事会(FRB)によるタカ派発言を背景に堅調に推移したものの、週末を控えたポジション調整の売りに押され、じりじりと上げ幅を縮小した。午後5時は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の133円前半。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 28546.98 +727.65 28251.74 28207.86

─28546.98

TOPIX 1973.18 +39.53 1954.30 1952.34

─1973.18

東証出来高(万株) 145793 東証売買代金(億円) 37126.93

東京株式市場で日経平均は急反発。前営業日比727円65銭高の2万8546円98銭と、きょうの高値で大引けた。過度な米金融引き締めへの懸念が後退したことで、買い安心感が生じて上値を追い、6月9日の立ち会い時間中の戻り高値2万8389円75銭を更新、強気のトレンドに転換した。

プライム市場の騰落数は、値上がり1607銘柄(8%)に対し、値下がりが192銘柄(10%)、変わらずが38銘柄(2%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.008

ユーロ円金先(22年9月限) ───

3カ月物TB -0.119 (-0.004)

安値─高値 -0.119─-0.119

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.008%になった。前営業日(マイナス0.008%)から横ばい。「週末要因に加え、積み最終日を15日に控え、都銀勢が調達に動いたが、レートはほぼ天井」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年9月限 150.26 (-0.07)

安値─高値 150.16─150.37

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.185% (-0.005)

安値─高値 0.200─0.185%

国債先物中心限月9月限は前営業日比7銭安の150円26銭と続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.185%。米国物価指標が市場予想を下回ったが、様子見気分が強く、小幅な動きとなった。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.14─0.04

3年物 0.17─0.07

4年物 0.20─0.10

5年物 0.22─0.12

7年物 0.29─0.19

10年物 0.41─0.31