[ロンドン 16日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が16日発表した4─6月の失業率は3.8%で、3─5月から横ばいとなった。半世紀ぶりの低水準付近を維持している。

ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。

労働市場は非常に過熱しているが、企業は採用に慎重になっており、実質賃金も過去最大の落ち込みを記録するなど、冷え込みの兆候が増えている。

4─6月の就業者は16万人増で、市場予想を大幅に下回った。ロイターがまとめた市場予想は25万6000人増だった。

職探しのために労働市場に戻ってきた人が増えたため、失業者の数はわずかに増加した。

人員削減は非常に低い水準にとどまったが、求人数は2020年半ば以降で初めて減少した。

PwCのエコノミスト、ジェイク・フィニー氏は、労働者不足が続いているため失業率は抑制されるとの見方を示した。

「採用活動は減速しているが、失業率は今年いっぱい比較的安定した状態が続くと予想している。企業は労働力不足に直面しており、人員を削減するより維持する可能性が高い」と述べた。

4─6月の賃金(除くボーナス)は前年比4.7%増だったが、インフレ調整後では4.1%減と、2001年の統計開始以来の大幅減となった。

レゾリューション財団のシニアエコノミスト、ナイ・コミネッティー氏は、昨年の一時帰休制度の影響により給与の伸びが大きくなっていると指摘し、「賃金に関する痛みは発表された数字が示するよりも厳しい」と述べた。