[フランクフルト 2日 ロイター] - ドイツ電力最大手のRWEは、米コン・エジソンのクリーンエネルギー事業を68億ドルで買収することに合意した。世界2位の再生可能エネルギー市場である米国で事業強化を図る。

買収資金の一部はカタール投資庁(QIA)傘下部門に24億3000万ドルの転換社債を割り当てることによって賄う。QIAは同部門を通じてRWEの9.1%株主になる見通し。

RWEの米国における再生可能エネルギーポートフォリオはほぼ2倍の7ギガワット(GW)以上になる。米ポートフォリオに占める太陽光の割合は現在の3%から40%に増加するという。

買収は2023年上半期に完了する予定。RWEは米市場4位の再生可能エネルギー事業者となる。