[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が3日発表した9月の製造業総合指数(NMI)は50.9となり、2020年5月以来2年4カ月ぶりの低水準となった。8月の52.8から1.9ポイント低下した。

先行指標となる新規受注指数が大きく低下したのが響いた。ISMは、指数の低下は「将来的な需要減に企業が対応していることを反映している」と指摘。インフレを抑えるための米連邦準備理事会(FRB)の利上げにより財(モノ)の需要が冷え込んだ可能性が高い。

ロイターがまとめた9月のエコノミスト予想は52.3だった。

50を超える数値は、米経済の11.9%を占める製造業の拡大を示している。

製造業の減速は、消費のモノからサービスへの移行が一因。

米政府が9月30日に発表した個人消費支出(PCE)の統計で8月の耐久財の消費支出の伸びは小幅だった一方、サービスの消費支出は増加した。

ISMの個別指数のうち、新規受注指数は47.1と20年5月以来の低水準で、節目の50を下回ったのは今年3回目。8月は51.3だった。

受注残も減りつつあり、これは製造業のさらなる減速を示している一方、供給網のボトルネックが緩和されたことも影響している。

供給業者の納入を示す指数は8月の55.1から52.4へ低下し、19年12月以来の低水準を付けた。50を超えると工場への納入が遅くなることを示す。

投入価格指数は51.7と、20年6月以来の低水準。8月は52.5だった。商品(コモディティ)価格の下落を反映し、低下が続いている。

9月の雇用指数は48.7と、5カ月ぶり高水準だった8月の54.2から下げた。50を下回るのは今年に入り4回目。ただ、同指数は労働省が発表する雇用統計を占う上で正確な指標ではない。

ISM製造業調査責任者ティモシー・フィオーレ氏は「中長期的な需要を巡る不透明感が増す中、企業は現在、採用凍結や人員削減を通じて従業員数を低水準に抑えようとしている」と指摘。ただ、企業が大規模なレイオフに言及していないことは「目先の需要に自信があることを示している」と述べた。

プランテ・モラン・フィナンシャル・アドバイザーズ(ミシガン州)の最高投資責任者(CIO)ジム・ベアード氏は、価格安定の兆候が出ているのは朗報としながらも、高インフレや金利上昇などを背景に広範な商品に対する消費需要の縮小が続いているのは望ましくないとの見方を示した。