Samrhitha A

[26日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは、エヌビディアの人工知能(AI)向け最新チップに使用する「HBM(広帯域メモリー)3E」の量産を開始した。

26日のマイクロン株は一時5%以上上昇。4%高で引けた。

マイクロンによると、同社製品は競合品よりも消費電力が30%低い。生成AIアプリを動かすチップへの需要拡大を商機につなげる狙いだ。

エヌビディアは、HBM3Eを第2・四半期の出荷開始が見込まれる次世代GPU(画像処理半導体)「H200」に採用する。

同社のサプライヤーであるSKハイニックスがAI向けHBM需要を主導している。

ムーア・インサイツ&ストラテジーのアナリスト、アンシェル・サグ氏は「SKハイニックスはすでに2024年の在庫を完売しているため、別の供給元はAMDやインテル、エヌビディアといったメーカーによるGPUの生産規模拡大に資するだろう」と述べた。