[ジャカルタ 4日 ロイター] - インドネシアのブディ通信・情報相は、米半導体大手エヌビディアとインドネシアの通信大手インドサット・オレドー・ハチソンが年内にインドネシア中部ジャワ州に2億ドル相当の人工知能(AI)センターを設立する計画だと明らかにした。

センターが設置されるのはスラカルタ市で、通信インフラないし人材センターが併設される可能性もある。

インドサットの最高経営責任者(CEO)は、スラカルタ市のギブラン市長に投資計画に関する情報を提供している。ギブラン氏はジョコ大統領の息子で、次期プラボウォ政権で副大統領に就任する。

CEOはスラカルタ市を選んだ理由として、優れた人材と第5世代(5G)移動通信システムインフラが備わっていることを挙げた。