Nathan Vifflin

[24日 ロイター] - オランダの半導体製造装置大手ASMインターナショナル(ASMI)は第2・四半期の売上高予想を上方修正した。中国の需要が予想を上回ったほか、先端ロジックとメモリーの販売が好調だった。株価は一時12%上昇した。

ASMIは第2・四半期の売上高を為替の影響を除いたベースで6億6000万─7億ユーロ(7億0600万─7億4900万ドル)とし、従来予想の6億─6億4000万ユーロから引き上げた。

2024年下半期の売上高は上半期と比較して10%増加すると予想した。

ASMIは発表文で「中国市場での売り上げは下半期に減少するとみているが、減少幅は従来予想よりも小さくなるだろう」とした。

第1・四半期の受注額は6億9800万ユーロと、ビジブル・アルファがまとめたアナリスト予想の6億5800万ユーロを上回った。