[東京 8日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は8日午前の会見で、政府が東京五輪・パラリンピックに出場する日本代表選手を対象に、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を可能とするとの報道について、承知しているが具体的に検討しておらず、検討する予定もないと述べた。

東京都が新型コロナの新規感染拡大を受けて政府に対してまん延防止等重点措置の要請検討を表明しているが、加藤官房長官は「要請は受けていない」とした。昨年来2回実施した緊急事態宣言発令の際は、首都圏は1都3県一体で発令対象となったが、まん延防止措置については「基本、都道府県単位でみている。まずは都道府県の判断だ」と述べた。

*情報を追加しました。

(竹本能文)