[ワシントン 19日 ロイター] - 米国のトランプ政権は、シリア内戦で特定の反政府勢力に対して武器や軍事訓練を提供する中央情報局(CIA)のプログラムの中止を決めた。米当局者2人が匿名を条件に語った。

当局者の一人によると、プログラム中止の背景にはアサド政権側を支援するロシアとの関係改善を図る狙いがあるという。

オバマ前政権は2013年、アサド政権の打倒に向けてCIAによる反体制派支援プログラムを開始。ただ当局者によると、成果はほとんど出ていない。

ホワイトハウスのサンダース副報道官は会見でこの件に関するコメントを拒否した。CIAもコメントを控えた。

プログラム中止の決定は7月7日の米ロ首脳会談より前にトランプ政権内で行われた。