[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、ロシアの米大統領選介入疑惑に関する調査から外れると表明したセッションズ司法長官についてあらためて不満を表明、同氏の進退を巡っては「時がたてば分かる」と述べた。

一方、共和党の幹部らはトランプ氏が公然と批判を繰り返していることに反発、セッションズ氏を擁護する立場を表明した。

大統領は会見で、セッションズ氏がロシアを巡る調査から外れることが分かっていれば司法長官に指名しなかったと再度強調。

また、情報機関からのリークに「司法長官にはもっと厳しく対処して欲しい」と指摘し、セッションズ氏の進退についての質問には「時がたてば分かる」と答えた。

トランプ氏は同日ツイッターで、セッションズ氏は大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題への捜査には「非常に弱腰だ」と批判した。

セッションズ氏に近い筋2人はロイターに対し、トランプ氏は単に不満を漏らしているだけでなく、セッションズ氏を辞任に追い込むことを狙っていると指摘。コミー前連邦捜査局(FBI)長官の解任が、ロシアを巡る捜査でモラー特別検察官の任命という不都合な結果につながったことから、セッションズ氏の解任をためらっているようだと説明した。

また、セッションズ氏はトランプ氏が自身を公然と非難していることに強い不快感を示しているが、断固として辞任しない決意だという。

マコネル上院共和党院内総務は、セッションズ氏は「職務を立派に行っている。ロシア関連調査から外れたことは正しい決断だった」と擁護。

共和党のアダム・キンジンガー下院議員は「大統領は話し合いの場を持つべきだ。これは市会議員から大統領までいかなる公職にもふさわしくない行為だ」と批判した。

*情報を更新し再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)