[東京 3日 ロイター] - 河野太郎外相は3日夜、首相官邸で就任会見に臨み、世界的な保護主義の高まりを念頭に「自由貿易の旗振り役を日本が務めていくことが大事だ」と語った。

北朝鮮問題による安全保障環境の緊張が増す中、「これまで以上に日米同盟をしっかり強化していく」との考えも示した。慰安婦問題を巡っては、日韓合意が着実に進展していくことが望ましいとした。

(梅川崇)