[パリ 9日 ロイター] - フランスの首都パリ郊外のルバロワペレで9日、兵士の集団に車が突っ込み6人が負傷した。逃走した犯人を追っていた警察当局は数時間後に容疑者の男1人の身柄を拘束した。

武装警察は逃走犯を5時間にわたり追跡。フランス北部の高速道路で男を追い詰め、複数回発砲した後に身柄を押さえた。

司法当局筋によると、容疑者の男はアルジェリア国籍で、フランスに滞在するための合法的な書類を保有していた。捜査当局は容疑者の関係先を複数カ所捜索。ル・パリジャン紙によると、37歳のHamou B容疑者と特定されたという。

司法当局筋によると、容疑者の男は拘束された際に武器を持っていなかった。男の様子については明らかにされていない。

コロン内相は、重傷者3人が手当てを受けている病院の外で記者団に対し「これは事故ではなく、故意に突っ込んだものだ」と述べ、テロの疑いで捜査していると明らかにした。

フィリップ首相は議会で議員らに対し、「主要な容疑者」の身柄は拘束されたと述べた。

*内容を追加しました。