[クアラルンプール 10日 ロイター] - 中国はマレーシアに対し、同国南端の基地に設置する先進ロケット発射装置とレーダーシステムを提供する。複数のメディアが伝えた。シンガポールの安全保障に対する懸念が高まる可能性がある。

ただマレーシア軍当局は、中国から何ら提示を受けていないと否定した。

インターネットメデイアの「マレーシアン・インサイト」は匿名の関係者の話として、同提案は中国による130億ドルの鉄道プロジェクトを立ち上げのため、9日にマレーシアを訪れた中国政府関係者の派遣団によって行われたと報じた。

報道によると、最大12基の多連装ロケットシステム(MLRS)を提供、期間50年の融資による購入計画となっている。融資規模や装置の価格などは不明。レーダーシステムの種類も明らかにされていない。

シンガポールの日刊紙「ストレーツ・タイムズ」も10日、マレーシア政府関係者の話として、鉄道プロジェクトの着工式において、マレーシアのナジブ・ラザク首相と中国の国務委員、王勇氏とのやり取りの中で上記提案が「軽く触れられた」と報じた。

この提案は年内に計画されている習近平国家主席によるマレーシア訪問時に正式に決定する見込みという。

マレーシア財務省高官はロイターの問い合わせに対し、同提案に関して「初耳だ」と述べた。

*内容を追加しました。