[ワシントン 10日 ロイター] - 米海軍は10日、南シナ海に中国が造成した人工島から12カイリ内の海域で「航行の自由」作戦を実施した。複数の米当局者がロイターに明らかにした。米当局者によると、米軍の駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が、南沙(英語名スプラトリー)諸島のミスチーフ(中国名・美済)礁近くを航行した。

ミスチーフ礁は中国が他の近隣諸国と領有権を争っている。

「航行の自由」作戦は、トランプ政権下で3回目となる。

中国国防省は、米国の行動は挑発的で相互の信頼を大きく損ねると批判。中国の艦艇2隻が「直ちに行動を起こし」、米軍の駆逐艦に周辺海域から去るよう警告したと明らかにした。

米海軍は7月にも南シナ海で中国、台湾、ベトナムが主権を主張する島の周辺海域で「航行の自由」作戦を実施している。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)