[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、北朝鮮はもはや核の脅威をもたらさないとの認識を示した。

トランプ氏はシンガポールで北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と初の米朝首脳会談を行い、帰国した。

ツイッターに「私が大統領に就任したときと比べて誰もがずっと安心できるようになった。北朝鮮による核の脅威はもはやない」と投稿した

「金氏との会談は興味深いもので、非常に有益な経験だった。北朝鮮には大きな将来性がある」とし、北朝鮮は米国にとって「最も大きく最も危険な問題」ではなくなったとの考えを示した。